トップページ > 荒天時における授業対応について

 荒天時における授業対応について

荒天時に登校する場合は、今後の台風情報等に十分注意し、「荒天時における授業対応について(生徒手帳19ページを参照)」に従って、自宅待機等の対応をとること。

気象庁より東京23区に暴風・大雨・暴風雪・大雪のいずれかの警報が発令されている場合

判断する時刻 警報が出ていない時
(警報が解除されたとき)
警報が発令されているとき
午前6時30分の時点 平常授業 自宅待機
(午前の授業は休講)
午前10時の時点 午後1時までに登校
(5・6時間目の授業を行う)
全日休校

※「警報」ではなく「注意報」の場合は平常授業となる。
※午後1時に登校する場合は、昼食を済ませて登校すること。
※全日休校となった場合は、安全上の配慮から外出を控え、自宅待機し、自学・自習すること。

  ページの先頭へ