トップページ > 千早の教育 > ビジネス教育
 

「ビジネス教育」は将来のキャリアへの窓、社会への扉。活きた知識を身につけさせる。それが千早のビジネス教育


1.ビジネスの基礎を学ぶ

 1年生では、経済の基本、会計の基本、コンピュータの基本を学習します。この3つに、現代社会で重要な役割を期待されているNPO活動について学ぶ「コミュニティデザイン」を加えた4つの柱が本校のビジネス教育の基本です。


2.大学の教授・准教授による特別授業&セミナー

 本校は、大学の先生方に学術アドバイザーとして参加していただいています。学んだ知識・技能を活きた知識とするために、学術アドバイザーの先生方による特別授業とセミナーが開講されています。

 [本校ビジネス科目学術アドバイザーの先生方
 ■冨塚 嘉一 先生
 中央大学大学院 教授 会計学博士
 ■中村 陽一 先生
 立教大学大学院 教授


3.資格取得講座

 進学のステップとして、また理解度のものさしとして資格取得にチャレンジ。
千早高校では、自分の将来に必要な資格取得を選び受講できる様々な講座が授業とは別に開講されています。
資格は、知識を証明するパスポートです。


4.キャリア教育プログラム

 自分の将来のことを早くから考えることは大切なことです。千早高校ではキャリア教育の一環として、様々な企業の方を招いて行う「企業セミナー」、実際の会社に訪問し多くの現実的な知識を学び進路選択に役立てるために行う「企業見学セミナー」、今世の中にで起きていることをテーマとし、そこで活躍なさっている方を招いて行う「テーマセミナー」この3つを連携させて「キャリア教育プログラム」を実施しています。


5.ビジネス科目のまとめ

 学んできたビジネス科目で得たものを3年生では以下の科目で総括をし、専門性をさらに磨き、高校から大学へとその知識をつなげていきます。

[課題研究(3年)]
 1年生から学習してきたビジネス科目で得た知識・技能を生かし、各自の専門的な知識・技能の更なる向上を目指した科目です。

[総合実践(2・3年)]
 本校の総合実践は、新聞やインターネットなど多くの情報の中から、今まさに起きている時事問題について調査研究を行います。自ら考えまとめる力を養い、社会への広い視野の育成を行う科目です。






















 
  ページの先頭へ